あるぶろぐ

好き勝手に記録しておきたい日常あれこれ

まだ頑張っている夏野菜たち

畑を借りて、本当に時々、世話をしにいっている。

真夏時期は雨が降ってくれないと、ソワソワする。

雨が降りすぎてもソワソワする。
通勤途中にその畑があるのがこれ幸いと、

相方と一緒に借りているのだが、

お試しのつもりで借りた畑は3シーズン目。
いわゆる「土の感触」というやつは、
皆が言うほどに心地良いのだ。
腰痛対策と、蚊の対策と、日焼け対策さえしておれば、
これほどに心地よい非日常感を味わえるアクティビティは無い。

朝ランのついでに立ち寄って水やりと世話をして、
その日の野菜を収穫し
朝食に採れたて野菜を食す、という、
理想的なライフスタイルも夢ではない。
が、残念ながら、最近は朝も疲れて起きられず、
それが全くできてないことを
正直に告白しておきましょう。

ともあれ、1シーズン目は畑のコンディションも良かったのか、

ビギナーズラックとでもいうのか、
茄子やキュウリやゴーヤーが採れて採れて、

嬉しいやら困るやら、という状況だった。

f:id:alpanda:20160930193710j:plain

初心者の憧れ
「ウチの畑で採れたお野菜(自慢)」
おすそわけなんかもやってみたり。

f:id:alpanda:20160930193740j:plain

サラダや炒め物はもちろんだけど、
あらゆる茄子、キュウリ、ゴーヤー料理を開発した。

和洋中の貧弱な料理技術と知識を駆使し、

家族や会社の人に作っては、

ずいぶんヘンテコなモノを食べさせたりして
「?」
な顔をされたものだ。

f:id:alpanda:20160930193756j:plain

<キュウリもズッキーニとどさくさにまぎれて混ぜて炒めたりした>

 

3シーズン目ともなれば、小慣れてきて
ずいぶん色々できるのかと思いきや、
今年は8月半ばではもうこの畑は崩壊するのかと思うほど
一瞬、雑草に覆われて、近寄りがたい状況に。
8月はまだレースシーズンや
仕事も繁忙期なので、
なかなか気持ちに余裕がないのだ、という言い訳。

一念発起し、数日間にわたって、
二人がかりで交代ごうたいで、綺麗にした結果、
夏野菜たちが見事に復活してくれた。
復活したどころか、なんだか元気になってしまった。
f:id:alpanda:20160930193920j:plain
さらに、9月に入ってからの、ほぼ連日の雨で、
水の好きな野菜たちが、ドンドン大きくなって
また実を付けだした。
それがハイこちら。

f:id:alpanda:20160930193953j:plain


綺麗です。
土と水だけでこんなに成る君たちは、
本当に素晴らしいよ。
ありがとうございます。

さ、今日もまだまだゴーヤー料理。




好きなサウンドトラック・Bedtime Eyes by MJQ

お題「好きなサウンドトラック」


山田詠美の同題小説を映画化した
【ベッドタイム・アイズのサントラ

f:id:alpanda:20160928004320j:plain

樋口可南子と黒人俳優が主役で、
二人の複雑かつ刹那な恋愛模様が
ふんだんな濡れ場とともに描かれた作品。
このジャケ写が、きゃ〜、またエロい(^_^;)

この映画がリリースされたときに、
映画のコトはよくわからないけど、
とにかく、
樋口可南子のスタイルが
本当に綺麗で透明感があってかっこいい、
と思った。
彼女は、映画中で役で演じている、
場末のジャズクラブの歌手の役で、
ジャズのスタンダード・ナンバーの
「Love For Sale」をステージで歌うのだ。
私はこの曲をまともに聴いたのは、
この映画かもしれない。
ほぼ、初体験。
曲もかっこいいのだが、
歌い姿がなんともスラっとかっこ良くて、
非常にときめいたし、何もかも憧れた。

そしてこの曲は、テンポを変えたアレンジで
インストゥルメンタルの演奏もあった。
これもかっこよかった。

以来、このアレンジを真似して、
自分もよく演奏する曲となった。

 


映画は破滅的な恋愛と情念、、、
正直、苦手なやつだ。
が、私はこの「お洒落」「モダン」な感じに
釘付けになってしまったのだ。


映画が進むにつれ
彼女が歌えるのはこの1曲、ということがわかった。
歌は、吹き替えなのかと思ったが、
のちに、これはこの映画用に
誰だったか忘れたけれど、有名な女性ジャズシンガーに
特訓を受けたという話しを聞いた。
どうりで、ふむ、なるほどそれを聞けば、
素人的にもなんとなくタドタドしい部分が見えてくる。
気がした。
それでも、それを差し引いてもかっこ良かったのは、
管楽器の入ったモダンなサウンド、
お洒落なアレンジ、
の力なのかもしれない。
吹き替えなしで樋口さんが必死で練習した、というストーリーも
好きだった。

そんな楽曲が、贅沢に映画中にたくさん盛り込まれている。
映像とあいまって、これまたお洒落なのだ。

のちに、これは、私が好きになるバンドの
Manhattan Jazz Quintetの演奏ということがわかった。
デビッド・マシューズというピアニストがリーダーで、
この映画の音楽監修をしている、ということもわかった。
彼は、日本が好きで、日本人にファンが多いということだ。

カセットテープに録音して
ノビノビになるまで聴いていた当時から月日が流れ、
もう随分前、何かの拍子に
「あ、あれ、また聴きたいな」と思い出し、
探してみたけれど、廃盤になっており、
本当に、どこにも売っていなかった。

で、そのスジの業界の友人に頼むと、
あっという間に見つけてくれた。
再び、戻ってきた。
もちろんused saleだ。

JAZZを自分で学ぶようになって
このバンドに対しての評価は少し変わったけれど、
それでも、今も好きな一枚。
秋に聴くのが一番似合う、
そんな一枚かな。

Bedtime Eyes by Eimi Yamada
f:id:alpanda:20160928004921j:plain

水彩で誕生日カードを描く

今月は、親友の誕生日、
というイベントがあった。

もういいかげん大人なんだし、
親友の誕生日もないだろう、
お祝いって感じでもないだろう、
と、思うけれど、
まあとにかく、
親友ってくらいなんだから特別な存在。
毎年、真剣に考える。

ナニを贈ろうかな。

そうだ、カードも今年は手作りで、
久々に描いてみよう。
仕事で描く機会があって、
そのままになっていた水彩画材をひっぱり出し、
さて、ナニ描こうかな。

少し前、モンステラ柄で、
手作りのハワイアンキルトのクッションをもらったので、
この柄のモチーフで、
お返しのサプライズ!

f:id:alpanda:20160920191734j:plain

 

まぁ、決して上手くない。
こんなもんか、でも、
色味も雰囲気も、
まあまあイメージ通りに出来た。よし。

そーだ、
いつもお世話になっている自転車屋さんのマスターも
お誕生日だった!
こっちのおじちゃんのも
描いてしまおう! 

 

 

 

f:id:alpanda:20160920191746j:plain

似てない。。。(^_^;) 

久々に、右脳に刺激、
イラスト楽しいな〜♪

なんかわからないけど長居してしまう、そんな場所

そんな場所に(ヒトに?)
ワタシも成りたいな、と思っている。
ここに来るといつもそう思うし、
思い出す。

f:id:alpanda:20160923223129j:plain


何があるわけじゃないけど、
インテリアや食器、
お店の人、お客様、
何気なく交わされる会話、言葉、
流れる音楽、
空気、気、そのものが良いんだろうな。

お友達のお母様が書道家で、
その方が季節ごとに描いてくださるカードが
これまたいつも楽しみなのだ。
味わい深く、
さすがプロのバランス、
一枚の絵画のように、
まさしく「絵になる」書なのだ。

そのカードと
濃いめのコーヒーが
合うんだなぁ。

せわしなく生きている
私の唯一の
ゆったりタイムなのだ。

小さい秋、
みつけた!


台風が去ったあとの空気が好き

ひんやりした空気がこの上なく心地よい。

ひどい風と雨は
自然の猛威と思うけれど、
去ったあとの空気は、
あのおかげで、くすんだ空気やアスファルトの汚れ、
いろんなものが浄化され、
デトックスしてくれる、
必要な儀式とさえ思えてくる。

台風の被害に遭われた方には
心から申し訳ない、不謹慎かと思うけれど、
これは自然の摂理、原理なのだと思う。
そして、誰もが同じように
今夜はきっと、
素敵な気分でいる人も多いにきまっている。

それくらい、要は、
台風一過の空気は
うっとりするほど心地よいという事なのだ。

f:id:alpanda:20160920220454j:plain



嵐が無事に去ってくれた安堵感も
どこか、レースを完走したときの感じにも似ている。

いろんなものをためらいなく連れ去って
きれいにしてくれる。
強制、断捨離。
人間は、持って死ねるものなど何もないと教えてくれる
自然の厳しさもある。

はぁ、とにかく、
きれいなんだわ。



カフェの準備、まだビフォー。

今日は、朝一番から現場に行き、
仕事もせず、
(いや、これもれっきとした仕事だけど)
今週末から始める?再開する?
カフェの準備で、
カウンターや厨房や倉庫のいっせい片付けと
お掃除。
集中して作業ができたおかげで、
かなり目標のところまで進んで、
ひとまず、ほっとしたわ。

f:id:alpanda:20160919204225j:plain

引越すると、家が片付く

の、法則と同じで、
何か始めると、
物理的にモノを動かしたり
整理したり捨てたり、
綺麗にしたり、と、
今まで滞留していた「場」の気が一気に動きだし、
流れ始める気がする。

今日は、
いっぱい片付けて綺麗にして
急に、気が流れた感じがする。
台風きてるけど、
場が、爽やかだ。

きっと明日から、
また新しい出逢いや楽しいことやひとが
たくさんやってくるに違いない♡

・・・と、思って
今日の疲労をセルフねぎらい。
今日もよく頑張った、ワタシ☆
感謝☆

 

さっ、久々に
泳ぎに行こ♡

今週のお題「プレゼントしたい本」大切な友人、恋人、家族に。

今週のお題「プレゼントしたい本」
かさばらず、押し付けず、すぐ読めて、絵もかわいい。

いつでも会える
菊田まりこ 著

f:id:alpanda:20160918224706j:plain


実際にこれは、何人かにプレゼントをした本。
お題? そうだな、これかなと、
久しぶりに思い出した一冊。

確かこれは松嶋菜々子がマックスファクターの
「泣いても落ちないマスカラ」
のCMで出てきた本だ。

本の表紙がチラリと画面に映る、
何気なく本をめくる彼女、
ふいに、彼女の透明感のある横顔からホロリと涙がこぼれる、
そんな感じのCMだった。

特に、松嶋菜々子が好きとか、そういう理由もなかったけれど、
そのCMはなぜかとても気になっていたのだ。
この本は、なんだろう?って。

で、まもなく私は、大型の書店の絵本コーナーで、
その本と偶然出会った。
あ、これはあのCMの本だなって。
小さい本、
立ち読みしたってあっというまに終わってしまう。
私は何気なく、その本を手にとり、
無防備に読み始めた。

ありきたりな、かわいらしいワンコの話しかと思いきや、
ありきたりな、ワンコが死ぬ、かわいそうな話しかと思いきや、
主人公のシロちゃんというワンコが
大好きなミキちゃんという飼い主の女の子に突然死なれ、
淋しくて淋しくて探し回るという設定だ。。。。
想定外。
やられた。
私は、当時、ワンコを飼ってたので、シンクロしまくり。
これはアカンやつでした。
イラストもかわいいのだ。
線のラフさもトーンも、きっと泣ける素因なのだ。

完全に引き込まれてしまい、

あっという間にページが繰られ、
大型の、本屋さんの真ん中で、
人目もはばからず、危うく、嗚咽・・・・


かろうじて、声は我慢したけど、
涙がこぼれるのを我慢するのは無理。
やばかった。。

飼い主が、
飼い犬よりも先に死ぬなど、
決してあってはいけないのだ!と
その時は心からそう思ったりして(笑)

以来、私はすっかりこの本のトリコになってしまい、
いろんな人(特に、独身の女子)に、
「読んでみて」と、自分勝手にプレゼントしたりしていた。

自己満足?!


しかし、これを探すのにAmazonストアに行ってみて
改めて驚いたことは、
これを購入した年月日がバーンと出てきたこと。
調べてくれともなんにも言ってないのに、
また余計なお世話というかなんというか、怖い。
2002年の日付になっていた。

まだ、大好きなワンコが生きてた時。

もうとにかく、なんかわからんけどワンワン泣きたい時、
泣いてすっきりしたいとき、
無防備に、泣ける本としてもお薦めです。